ベーシックLEDヘッドライト

現在LEDライトに代表される可搬型照明器具における唯一の
性能表記基準である米国ANSI/NEMA FL1-2009

1. なぜこの規格が存在するの?

米国に端を発するフラッシュライト(いわゆる懐中電灯やヘッドライトなど)には、長い間標準化された性能測定基準が存在しませんでした。
これが消費者の困惑を生み、さらには製品を厳格に作り込んでいる製造業者においてもフラストレーションの原因となっていました。
光源がフィラメントからLEDへ移行することで、この混乱はより複雑になりました。
フィラメントにおいては熱損失・光源のちがい・光学的損失が性能差の主な原因でした。
それに対してLEDは、駆動回路・LEDチップの明るさや色温度のバラツキ、熱損失、光学的損失などがあるため、設計上の理論ルーメン値を謳うブランドが多くなりました。
そこで、消費者がフラッシュライトの性能を公正に比較できるようにするため2009年に設けられたのが、この規格になります。

2. 誰がこの規格を認証しているの?

米国内でライトを販売する下記14ブランドが集まり作ったものが、ANSI/NEMA FL1-2009です。

Dorcy International
Coast
Golight
The Blinkman Corporation
ASP Inc.
Cat Eye Co., Inc.
The Coleman Company Inc.
Princeton Tec
Surefire, LLC
Petzl
Energizer Holdings
Streamlight, Inc.
Black Diamond
Duracell, Inc.
(原文記載のまま表記)
3. 製造業者は、この規格をどのように使用するの?

製造業者は、どの項目の性能をパッケージに記載するか選択し、ANSI/NEMA FL1-2009の定める測定方法に従い、選択したすべての項目に関して評価を実施します。
製造業者は、この評価方法を導入し、自身の評価機器または外部評価機関を用いて厳密なガイドラインに従い性能評価を行います。
パッケージにANSI/NEMA FL1-2009のアイコンが記載されている場合、それは製造業者の責任においてANSI/NEMA FL1-2009に準拠した性能を有していることを表します。

4. 消費者にはどのようなメリットがあるの?
  • パッケージにANSI/NEMA FL1-2009のアイコンが記載されている場合、その商品の製造業者が、 ANSI/NEMA FL1-2009に賛同することを表しています。
  • フラッシュライトにおける重要な項目の性能比較がしやすくなります。
  • より深い知識を持った販売業者や消費者が、彼らの要求にもっとも適合する製品を 選択できることになります。
    (例:同じルーメン値でも照射距離の長いライトが、一般的に照射角度が狭く光軸中心がより明るいことを理解できます。)

この規格に従い性能表記をすることは、製造業者の自発的行為であることをご承知おきください。
米国内でフラッシュライトを販売する多くのリーディングブランドが、この規格を採用しています。

5.は日本で販売しているのに、なぜ ANSI/NEMA FL1-2009を採用しているの?

LEDライトの開発に着手する際、既存のLEDライトにおける性能表記に疑問を持ちました。
実際に国内外から100機種以上のサンプルを購入し積分球を用いて明るさを実測、 特に国内有名ブランド品においてパッケージに記載された公称lm値からの乖離が大きいことに驚きました。
連続使用時間の表記に関しても、「実用点灯時間は自社基準」などが多く、中には「最大明るさは一時的なブーストモードの値を表記し、 連続使用時間は最低のモードで1lmになるまで」など、とても公正な条件下での競争が行える状況ではありませんでした。
そこで私たちは、フラッシュライトの生まれた米国における唯一の規格ANSI/NEMA FL1-2009に賛同、2013年8月に発表した最初の商品からすべてのモデルに、 ANSI/NEMA FL1-2009アイコンを採用しています。